« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

遡ってその2 ダラット→ホヤン

ベトナムのダラットは山の中、

暑いベトナムの避暑地とでも言いましょうか。

ベトナムの中でもそれなりによい生活をしている人たちが

住んでいる感じです。

が、雨季であまりに天気が悪かったので、

たいした写真がありません。

天気さえよければ、町の真ん中にある湖の

周りを歩いたり、周辺のトレッキングやら、

楽しむことはそれなりにあると思います。

Pap_0000_2 Pap_0002_2

Pap_0004_3

それでもhappy達は雨の中博物館にいったり、

お寺まで歩いたり、地元のレストランで

お喋りしてたり、素敵なホテルを満喫したり、

5日ほど滞在していました。

雨がやまないので、次の目的地、

観光地でもあるホヤンへ。

Pap_0067 Pap_0054 Pap_0061

Pap_0056

これはお煎餅ですね。

釜で火をおこして、焼いてました。

おやつみたいに皆食べてます。

Pap_0020

Pap_0042 Pap_0044 Pap_0047

さすが観光地。お店たっぷり。

買い物に走りそうになるのをぐっとこらえ。。

ここは素敵な小さな港町。歩いて周り。

周辺は自転車を借りて。

5kmほど先に海があります。

海の周辺にはホテルが立ち並ぶので、そこより

街中で滞在したいところ。

そして、お勧めはホヤンからバイクで20km?30km

行った先にマーブルマウンテンという小さい山があります。

そこは、思いもかけないほどでかい洞窟があり、

なかに沢山仏像が置かれています。

神秘的でお勧めですが、時間帯を選ばないと

観光客でごった返しています。。。

ちなみにこの周りにあるお土産さんの仏像は

偽物が多いので、お気をつけくださーい。

Pap_0002

Pap_0004_2 

Pap_0006Pap_0016

もひとつお勧めはチャムアイランド

ホヤンからローカルの船で2時間です。

この船に乗るときは、船の人無視して

とりあえず乗り込んでしまってください。

そして、お金を取りに来た人に、多分2倍の

金額を言われるので1/2の金額を渡してください。

知ってるんだよーと笑顔で渡しましょう。

喧嘩してはいけません

1/2の金額でもベトナム人の2倍払っているのです。

あははー。そうです、船のベトナム人、

外人に対し5倍近いの金額を吹っかけてきます。

やれやれです。

このチャムアイランドですが、沖縄並に海がきれいです。

もちろん水着を持参してくださいね。

ただし!!ホテルらしきものがないので、

ホームステイしなければなりません。

それも、ベットと立つスペースがあるだけの部屋で

扇風機は夜の19-22時までしか使えませんので

雨季はお勧めしません。。

happyは団扇を一晩中パタパタさせて、朝方

気絶するように一時寝ました

日帰りでも短時間しかいられないので、

ホームステイがいやな人は

ツアーとかを利用するといいかもです。

もう一軒ホテルらしき場所が山を登った場所にありますが

高いです。部屋は少しはましなようですが。

でもすばらしい海をホヤンまで行ったのなら

見てみてくださいねー。

Pap_0000

Pap_0001 これは人力サトウキビジュース機

結構な作業です。

ジュース最高ですよ。オレンジが混ざってて

絶品です!

Pap_0004

ホームステイ先の男の子

とっても、かわいかった!!

しばらく遊んでました。

観光客が帰るのがわかるんですね。寂しそうでしたー。

Pap_0008

チャムアイランドの海

きれーです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遡ってベトナム(笑) ハノイ→ナチャン

何を紹介すればいいのかもわからない感じですが。。。

1ヶ月ベトナムを旅し、タイとはまったく違ったアジアを見れたので

その写真でも載せてみます。

でも、自分の足で歩くか、バイクで飛ばすかしないと

見れない景色が多いので、観光地とは違った普通の

ベトナムとでも見ておいてください。

結果を先に言ってしまえば、喧騒と空気の悪さに

ノックアウトされて、ほぼ毎日ダウン状態の

happyでしたが、自分だけならしなかっただろう

経験なので、行ってよかったと思います  

まずハノイの町の中はこんな感じですね。。

バイクの大行進。。

その町並みを抜けると、郊外にちょっとしたお寺とかあったり、

アヒルや牛がのんびりすごしてる田園風景に出会います。

Pap_0094  Pa0_0109

飛行機でハノイを抜け出て、海の町ナチャンへ。

橋から見たナチャンの町並み。

何もない田舎町と聞いてましたが、

結構でかいホテルもあるし、たいそうな町でした。

そこをさらに抜けて、学生が登校する道をひたすら100kmくらい

走り抜けると、地元の人が住むほんとの田舎町。。

海の町にでました。

お天気がいまいちだったけど、結構きれいでしたよ。

波打ち際で排泄する人々を除けば。。。

Pap_0011

Pap_0009Pap_0000Pap_0004

ひとまずこんな感じでしょうか。。。

あはは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遡ってバンコク

サワディ~カァ

滞納していた分いろんな情報がそのまま置き去りに

えっとですね。

韓国のお友達がカオサンから少し川の方面に行った

場所でトラベルエージェンシーを始めることになりました。

日本で日本語を学んだ後、タイの日本企業で働いていた方なので

日本語バッチリです。仕事パートナーのタイ人の方も

同じく日本の大学で日本語を学ばれているので

バッチリ。

カオサンといえばMPツアーが有名ですが、

そちらが混んでいるときは是非お友達のお店も

行ってみてください。

Thainara Travel

Prasumen Rd, Chanasongkram, Pranakorn, Bangkok

ジュンさんです。

そして、ワットアルン見てきたので写真載せておきまーす

Pap_0003 Pap_0006 Pap_0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sangklaburi 瞑想終了

お久しぶりですーー 

山から帰ってきました 

happyは10日間の瞑想合宿のため、カンチャナブリのサンクラブリ

という山の中に篭っていました 

キツカッタ。。。。。。今度はほんとにキツカッタ。。。

呼吸と感覚を通して自分の内を徹底的に観てゆくので、

かなりみんな苦しみますが、でも実りのあるものでした。

確実に何が変わったとか良くわかりませんが

この後日常の生活を通して実感してゆくことになると思います。

この瞑想に関してVipassana(ゴエンカさんの)で

調べていただけたらすぐ見つかります。

ゴエンカさんのでなくても、たくさんVipassanaと記されている

コースはタイには沢山あります。

happyが最初に受けたのも、Vipassanaでも違ったやり方。

興味のある方は自分にあったものを選んでくださいね。

もし、このカンチャナブリのコースに行きたい方で

行き方がわからない方はコメントをください。

詳細を説明いたします。

因みに、そこに行く前に寄ったミャンマー国境の町

サンクラブリとそこまでの景色です。

Pap_0204

Pap_0000

Pap_0199

Pap_0198

お世話になったホームステイ先。娘さんが日本人と結婚して

日本にいるそうです。雛飾りが一式棚の中に入りきらずおいてありました。

Pap_0203Pap_0202

これはモン族の町へ続く橋。

結構怖い。歩いてわたれますが。。

そして、サンクラブリで有名なPagoda

Pap_0201_2

なんにしても、島の生活のような穏やかな町ですね。

孤児の子供たちを応援するベジタリアンレストランもあります。

ぜひ行ってあげてください。

さてさて、日本人にゆかりの深いカンチャナブリにしばらく滞在していましたが

第二次世界大戦の当時の博物館や墓地などがあります。

列車にのるだけでなく、陸路での軍事物資の移送のために日本人が

してきたことを、訪れた方は見てみてくださいね 

Pap_0211Pap_0210   

          

カンチャナブリの周辺には自然がいっぱいです。

国立公園となっている場所には素晴らしい滝がありますし、

バイクが運転できる人ならいろいろ見て回るのに

便利です。

これはエラワンの滝。7段階あって、5番目が素敵でした。

Pap_0205_2

Pap_0209

Pap_0205

Pap_0206

バスの方は、行きたい場所を効率よく回れるよう計画されても

いいかもです。

またカンチャナブリで1件マッサージを受けてみましたが、

なかなか良かったセラピストがいるので、

お店載せておきます 

指名してあげてください  あ、変な指名ではないです

お店;Kan Buri(タイマッサージからオイル、ハーブボールまで)

セラピスト;Jung(ジュン)

ゲストハウスが立ち並ぶ川沿いの道にありま-す。

そして、なんといっても、

今回happyの思い出No1は愛溢れるタイの家族です。

Pap_0001

集中力をつけるようにと仏教徒のお父さんが娘さんを

瞑想に送り出し、帰りのバスで娘さんがhappyを

バンコクのカオサン地域まで送ってくれるとのことで、

彼女の自宅へいったんお邪魔したところ、

お母さんがいきなり、瞑想で娘が世話になったから

泊まっていきなさいと宿から食事から、翌日のバスの手配まで

全て世話してくれることに 

何もしてないhappyなのに、恐縮でしたが、

このお母さんが慈悲深い人で、両親のいない子供を一人養子に

もらったり、HIVの患者さんが事実上捨てられている

お寺へ毎年寄付をしたり、家族の中もスキンシップ溢れる

すばらしい方たちでした。

仏教に興味を持ち始めたhappyとお父さんは

何時間も「教えによる行き方とは」を語り合い

あらあら。。。というまにとても仲良しに。

お母さんはマッサージのトレーナーでフリーランスの方

なので、今後もお付き合いが続くことを期待します 

なんの見返りも期待せず、ただ、与え続ける姿を

この家族からはっきりとみました。

こんな出会いがあってきつかった瞑想に参加した甲斐が

あったというものです。

happyすでにチェンマイに潜入しております。

瞑想地からバンコクまで6時間、バンコクから12時間。

長かったーーーーーーーーーーーーー

疲れを癒し、明後日の学校にむけ準備しまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしのMae Hong Son

 サワディカァ~

次の瞑想に向けてカンチャナブリに滞在中のhappyです。

しばらくPCから離れるつもりでしたが、友人から写真が

送られてきたので、懐かしく、そのままアップしちゃいます。

8月に行ったメーホンソンのお寺ですね。

「ssc_03032.JPG」をダウンロード

「ssc_03181.JPG」をダウンロード

「ssc_03201.JPG」をダウンロード

「ssc_03242.JPG」をダウンロード

「ssc_15841.JPG」をダウンロード

そこで知り合った、友達のマリアとマリエイド。

一人は今チャンマイでマッサージの勉強中。

今度会えるかもです。

アジャン ルアンタからお守りを受け取ったり、

虫におびえた宿、kuti(クティ)も懐かしく

そんな素敵なメモリーです。

happyは明日瞑想の場所近くに移動します。

次にPCを覗くのは10月後半ですね

とりあえずカンチャナブリの周辺のナショナルパークや、滝は

とても素敵です。

第二次世界大戦のときの日本人の歴史も深いので

機会のある方はどうぞ訪れてみてください。

。。。とだけ、今は言っておきます。

アップがどんどん遅れますが。。

ちなみに写真がそのまま表示されません。。

やり方がわからない。。誰か助けてー。

それではサワディカァ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bangkokです

サワディ~カァ  とっくにバンコク入りしているhappyです。

そして、、、申し訳ない 

結局アップできてませんね。

時間はあるのですが、バンコクのネット環境が高いので、

チェンマイに戻ってからちゃんとアップしようかと。。。

言い逃れではありません

ちんたらやってると、食事代より高くついてしまうのです。。。

近況としては、9/30にバンコク入りし、お寺や公園めぐりをし、

。。。空気が悪くて肺ガンになりそうなので

明日、カンチャナブリへ出発します。

カンチャナブリの先のミャンマーとの国境沿いの町で

10日間の瞑想  に参加し、10月末バンコク経由でチェンマイへ向かい

10/29日からまたマッサージ  の学校に少しだけ通います。

そろそろ日本帰国が頭の隅にチラッチラッ。。。と。。

8月にメーホンソンに行ってから、半分ベジタリアンを続行してますが

だいぶ調子がいいです。

半分というのは、魚は食べても肉は食べないから半分

でも、最近は魚も食べたくなくなってきたので、

いい感じにベジへ移行できそうです。

まあもともと野菜中心の食生活だったので、労せず、という

ところでしょうか。

ベジについても機会があればアップしてみまーす。

では皆様本日も良い一日を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »