« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

Real Love Story

サワディ~カァ

このところ天気のいい日が続いているチェンマイです

さて、今の学校も初級が教えられる先生コースを無事

終了したhappyです マッサージが、というより、

英語に必死の6週間でした。

来月から他の先生のレッスンが始まるので、

今週末はクラスの子達と一緒にお食事へ

ここで皆に素敵なラブストーリーをシェアしたいと思います

アメリカ人のSちゃんはアメリカで商業デザインの仕事をしてました。

そこへイギリス人の現在旦那さんである彼が仕事で訪れ、

数ヶ月を一緒に働きました。

二人とも、他の友達が沢山彼氏を作って、恋愛で

トラウマを作っているのを見ているので、そんな

トラウマを沢山作るくらいなら、ほんとにonly oneと出会うまで

恋愛しなくていいと、まったく彼氏彼女を作りませんでした。

当時二人は30歳。

彼はイギリスへ戻り、今度はSちゃんがイギリスの彼の会社

へ派遣されました。そこでまた二人数ヶ月を共に働きます。

二人は距離を縮め、Sちゃんがアメリカへ帰った後も

Skypeで会話をします。

ある日彼はSkypeでSちゃんにプロポーズをし、両親を連れて

アメリカへ

二人は両親に見守られ、たった4日で結婚式の準備をして

たった$45で教会で誓いを立て結婚。

どうやってKissするのかも知らなかった二人の新しい人生が

始まったのでした。

二人は今新婚旅行をかねた数ヶ月の旅の途中。

Sちゃんはヨガの先生もしていて、今は旦那さんのいる

イギリスに居を移しています。

こんなことってあるんですねー。

結構年齢を気にして、結婚を急いだり、関係を急いだりする

人が多い中、やはり、自然の流れに任せるのが一番なんだなって

再確認させられる素敵なストーリーでした。

周りを幸せにするSちゃんの笑顔を見習って、

happyも沢山の笑顔を振りまけるように

もっともっと成長しますっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chiangmai 不思議な町

沖縄にいると色んな事が起こります。

思いもかけないこと、予期しなかったこと。

まさかっ  の人生になったり。

それと同じことが、ここチェンマイでも、濃密に

起こっているようです。

今、人間関係の修正に励まなければならない人がいて、

ここ数週間、胃が痛かったhappyです。

解決方法は、当人と話し合うことしかないですよね。

いろんな事が起こって混乱して状況がクリアに掴めないときと

いやに覚醒していて、周りの出来事が手に取るようにわかるときって

ありますよね。

わかるときって、円の周りから、ワサワサしてる人を見るのは

楽しいけど、その中に入って、まみれているうちに自分を

見失いそうになるのが嫌で、入らないでいるときもある。

でも、眺めてないで、状況にまみれてみてこそ、

人生を創り経験することになるんですよねー。

カーブする道を歩きながらも自分の道を見失わないで

歩いていったら、

あれ!!?と ビックリするような人生に変わってしまったりする。

そんなもんだよね。

と、happyの胃痛の原因を知ってるフランス人のフランソワ君と

久々に語り合ってしまいました。

彼にも人生の変化が、happyにも、他の皆にも、チェンマイは

色んな要素を運んできます。

焦点を合わせれば物事があっという間に動く町。

そんな印象を受けてます。

今の学校も今週でやっと一段落。今日やっと、宿題を終えたところで、

明日のデモンストレーションと、明後日の試験が終われば

一息です。

今週中にスッキリしたいと思います。

そうそう、昨日はトルコ系オーストリア人と語っていたのですが、

happyのあだ名はトルコでは”WHO”って意味だそうです。

なんだか衝撃的でいて、なんとなく納得してしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本食

海外で暮らすと、日本食  が恋しくなることがありますが、

日本と同じ味を望めないことがほとんど。

イタリア人がイタリア料理を他国で食べたがらない気持ちもわかります。

どんなに模しても、本場の味には敵わないんですよね。

でも、昨日は金曜 

そう、また一週間が終わり、レベル4を無事合格したhappyです。

今週は日本人が多かったこともあり、

日本食を食べに行こうと言うことになりました。

期待せず行ったのですが、タイ人が経営している

日本食レストランでも、マグロの照り焼きも、ラーメンも、餃子も

日本の味と同じでした。

これには皆満足。

同期のイタリア人も日本食はとっても美味しいと

ご満悦でした。

彼はオステオパシーを勉強中のスパで働くセラピスト。

なんと6年も習うんですね。

勉強が終わったころにはほとんどDrと同じだといってました。

筋肉骨格をしっかり学んでから、内臓との関係を勉強し、

ホリスティックにケアすることができるようになるそうです。

カイロと何が違うのかと思ったら、カイロはオステオパシーの

なかの一部分でしかないそうです。

happyは最近腰が危ない状態でしたが、

彼にオステオパシーをしてもらったら、

超驚き!!!!一発で治ってしまった。

ぎっくり腰を気孔整体で治してもらって以来の

感動でした。

もちろん実験的に毎日ちょっとずつ受けてたので

一発というわけではないし、ほかの方からも

ずいぶん良いマッサージを受けてましたが。

それでも、最終的に極めるならオステオパシー

まで上り詰めるしかないのかなとも感じました。

まあ、そんな資金も気力も、体力も追いつかないので

happyはhappyの出来るベストで精進し続けるまでですが。

彼みたいな人にずっと会いたかったので、なんだか、

くすぐったい感じです。沢山ヒントを貰ったので

どこまでやりたいのか、ゆっくり考えてゆこうと思いました。

因みにとってもハンサムな彼は、あり得ないほど、

三枚目な行動をしてくれてチャーミングです。

彼も来週帰国します。

さあ、また新しい1週間です。

happy次は先生補佐をするのがお勉強です。

英語を考えると頭が痛い  ので、オママゴト気分で楽しむよう

イメージトレーニングに勤しみます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マッサージ交換

 盲目の方のマッサージに行ってきました。

リラクゼーションとは違い、病院で治療に従事していた方なので、

「Theraputic massage」だとのこと。

タイ古式とは思えない、ほとんど指圧といっていいような施術でした。

といっても指は使わない。

長く働くためにも、指は守って他の部分でほぐす

やり方を追及してる感じ。

お客さんには99%よくなって帰って貰いたいとの

お話を聞いて、8月から2週間だけこの先生から教わることに

しました。友人はすでにそこでの勉強を終え帰国します 

毎週人が入れ替わり立ち代り帰国してゆくので

なんとなく気持ちが落ち着きません 

せっかく出会ったのに別れの早いこと。

皆ちょくちょく海外で新しい技を手に入れて自国へ戻り

また海外へ飛び出すの繰り返しのようですね。

というわけで、瞑想に参加したときに知り合った

スイス人の人とマッサージ交換をすることになり

先発で今日はhappyが受けました 

2時間もやってくれて、お返しが大変ですよっ。

オイルも、指圧も、レイキも、タイ古式も習ってる彼は

やはり上手でした 

happyのモティベーションもムクムクあがります 

1年後には北海道で働きたいという彼。ほんとうに

叶ったらまた会う機会もあるかも??

happyがフットワークが軽ければもっともっと沢山出会いが

あるはずだけど、一箇所滞在型で楽しむのが好きなので、

タイムリーに現れる人たちにほんとに感謝です 

さあ、明日からまた1週間張り切りますっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッサージ with Blind な人々

目の見えない人がやってるマッサージ屋に行ってきました

初めてだったのでちょっと怖かったけど、慣れれば普通。

でも、ずっとお喋りしながらされたので上手だったけど、

なんとなく落ち着かなかったです。

学校のレベル3を無事合格して、まだあと3週間同じ学校で

頑張ろうと決めたのですが、きっと足りないものがあると感じて、

友人のお勧めの目の見えない人の学校

お話を聞きに行ってみました。

電話で声を聞いたときから好感を持てましたが、

会ってみれば、なんともいえない穏やかな雰囲気に

思わず癒されてしまいました。

happy少し疲れていたみたいです。

明日朝一番でマッサージの予約を要れ、受けて良さそうなら

少し習ってみようかと・・・。

自分の体を触って、すぐに自分に適した体の使い方を

教えてくれ、感覚を習えそうです。

まあ、明日の結果次第ですねー。

今日も卒業生が沢山出て、まだまだ残るhappyは

少し寂しいです。

でも今月末に同期だった友人がまた習いに来るらしく

再会を楽しみにしますっ!!

ところで。。。。。

梅雨に入っているチェンマイ、お世話になってるニイニイ

は雨とインフルエンザの影響で仕事があがったりのようです。

チェンマイに来た際には、ランベルツアーのチョクさんを

指名してあげてください!!!!!!!!!

お願いします。

穏やかでとてもよい人です。

たまに日本語おかしいけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »